あゆみ保育園設立のねがい

                    

あゆみ保育園は1955年、地域で始まった共同保育南託児所を経て、杉の子共同保育所として出発しました。
その後、地域に安心して頂け働き続けられる保育所をつくろうとの声が高まり、保育所建設運動が始まりました。
設立の準備は父母、職員、地域の労働組合の人たちを中心に結成された「働く婦人と子どもの幸せを守る保育所建設委員会」が行い、この活動には多くの市民の協力をいただきました。

そして、
(1)婦人の真の解放に役立ち、運動を大きく発展できる「とりで」となる。
(2)市民的な力で建設されたこの保育園は、みんなの総意で民主的に運営される。
(3)この保育園は婦人運動に積極的な役割を果たす。
という三つの誓いを掲げて、南船場に土地を借りて2階建の園舎建設、1965年6月にあゆみ保育園を開設しました。

                    
 

  あゆみ保育園設立後の経過

                    

1965年 6月5日 あゆみ保育園開所
1967年11月   財団法人あゆみ会設立認可
     12月1日 大阪市の認可保育所となる
2001年 3月   社会福祉法人大阪あゆみ福祉会認可
2004年 1月   谷四分園開所(0~2歳児 定員30名)
2006年 4月   うえまち分園開所(1~3歳児 定員30名)
2007年 1月   新園舎が完成し、南船場より中寺に移転(本園)
      7月   うえまち第2分園開所(0,4,5歳児 定員26名)
2010年11月   うえまち分園建物・敷地購入
2016年 8月   あゆみ東保育園開園
           谷四・うえまち、うえまち第2分園閉園

                    
 

  あゆみ保育園の概要

                    

理事長      楠田 るみ
園長       松下 博美

【職員】
29名(園長、主任、保育士、調理師)、非常勤・アルバイト・パート等

【開園】
あゆみ保育園   昭和40年(1965年)6月

 

 

                    
 

  保育園運営理念

                    

1、保育所保護者からの要請に日常から留意するとともに、地域の声はもちろんのこと、声なき声にも耳を傾け、それらに対応できるよう誠意ある取り組みに努める。

2、全体として、子ども達が大好きな保育園、保護者が安心して子どもを預けて働く事の出来る保育園、地域の皆さんに喜ばれる保育園、職員にとっても保育労働が楽しくなる保育園を目指す。

                    
 

  保育方針

                    

(1)よく食べ、よく遊ぶ元気な子
(2)仲間を大切にする子
(3)自分で考え行動できる子

                    
 

  保育目標

                    

◎よく食べよく遊ぶ元気な子
・規則正しい生活習慣を身に着け、戸外遊びや散歩を通して体力作りをする。
・安全で安心な食材をもとにしっかり給食を食べ、積極的に食育活動に参加する。

◎仲間を大切にする子
・同年齢、異年齢との関わりの中で、一緒に遊ぶことを楽しみ、互いの気持ちを認め合えるやさしさを育てる。

◎自分で考え行動できる子
・様々な活動や経験の中で社会性やルールを知り、生活や遊びに見通しを持ちながら自分で考え、意欲的に行動する。

☆保護者とともに子育てをし、園の行事などを進めていく中で、相互理解を深めて行く。また、地域の子育てを支援していく。

                    
 

  保育時間

                    

平 日 午前7時00分~午後7時00分
土曜日 午前8時00分~午後5時30分

《基本保育時間》
平日 午前8時30分~午後4時30分
《長時間保育時間》
平 日 午前7時00分~午前8時30分
平 日 午後4時30分~午後6時00分

◎土曜日の保育において、午後5時~5時30分を利用される方は、事前に申請書類が必要です。
◎勤務時間や通勤時間のため、基本の時間内に送り迎えができない場合、園長まで申し出てください。

《延長保育》
平日 午後6時~7時(土曜日は延長保育はありません)
・午後7時には園を出られるようにしてください。
・満1歳までは、午後6時30分までの延長保育時間にご協力ください。
※延長保育については申請、利用料が必要です。(月単位の利用となります。)
30分 月額2,700円   60分 月額2,900円(26年度)

                    
 

  新入園児「入園式」「ならし保育」の予定

                    

4月1日  入園式(4月1日が土曜日曜祝日の場合は、翌週の月曜日になります)
1日目   9時~給食後お迎え(午前12時ごろ)
2日目   9時~給食後お迎え(午前12時ごろ)
3日目   9時~おやつ後お迎え(午後3時30分ごろ)
※但し、2,3日目後の「ならし保育」については担任の職員とご相談ください。

                    
 

  登降園について

                    

・必ず保護者同伴で登降園してください。交通事故に注意してください。
・送迎のときは、必ず職員に声をかけてください。父母以外のときは園に連絡して下さい。
・その日の都合でお迎えが早くなる場合、遅れる場合は、あらかじめ園に連絡して下さい。
・食べ物を園の中に持ち込んだり、食べながらの登降園はしないで下さい
・自転車は道路には止めないで下さい。
 できる限り、通行人の妨げにならないようにして下さい。
・登園は9時半までにお願いします。(給食の準備と子どもの生活リズムの為)
・玄関においてある送迎簿には必ず記入して下さい。
 (登降園時間は、園に入った時に記入)
※ただし送迎は小学3年生までの兄姉にはさせないでください。
 必ず保護者が委託できる責任ある人にお願いしてください。
 園はそのつもりでお子様をお渡しいたします。

                    
 

  健康管理・病気

                    

・嘱託医として、うえに生協診療所の先生に健康診断(年3回)、森之宮歯科の先生に歯科検診
 (年1回)をしていただきます。
・伝染病にかかったときは、医師の意見書の提出が必要です。
・病気になったときは、園に9:30までに連絡をして休ませてください。
・発熱が38度以上の場合はすぐにお迎え願います。
 (38度以下でも、子どもの症状[下痢、嘔吐が2回以上続いたときなど]によっては
 お迎えをお願いすることがあります。)
・くすりは原則として園に持ち込まないでください。
・予防接種は必要な年齢になれば必ず受けてください。
 (BCG接種、ポリオ、三種、はしか等)
・子どもの服装は動きやすく身体にあったものを着せて下さい。
 (首回りがのびている、破れている、サイズが小さいなどは定期的に点検して下さい。)
・フリルやフードなど飾りのついた服はご遠慮下さい。
・靴は履きやすく、足にあったサイズを持ってきて下さい。
・2歳以上は、ビーチサンダルを使用します。(年中、園庭・屋上で使用)

                    
 

  休園日

                    

・日曜日、祝祭日
・冬期休園(12月29日~1月4日)、3月最終の土曜日。
・卒園式の日は、3歳児以下はお休みになります。
・その他、気象状況などで、休園になることがあります。
 暴風、波浪、警報発令(小学校、公立保育所に準じる)
※朝、6時の時点で暴風波浪警報が発令されていると、休園になりますが、
 警報が9時30分までに解除された場合は、解除された時間から
 1時間後より平常保育をします。

                    
 

  その他

                    

・あゆみ保育園では、乳児期初期の間は布オムツを使用。(紙オムツは使用しません)
・布団は各ご家庭より布団セットを持参。(当園はレンタル布団は使用しておりません)
・月に2回弁当日があります。

                    
 

  家庭との連絡について

                    

・園からのお便り、玄関、保育室の掲示物は必ず見てください。
・個別日誌に家庭での様子を毎日記入してください。
・遅刻・欠席は午前9時30分までにご連絡ください。
・住所・勤務先などに変更のあった場合、直ちにご連絡ください。

                    
 

  「苦情申出窓口」の設置について

                    

社会福祉法第82条の規定により、本事業所(保育所)では利用者からの苦情に適切に対応する体制を整えることといたしました。
本事業所(保育所)における苦情解決責任者、苦情受付担当者及び第三者委員を下記により設置し、苦情解決に努めることといたしましたので、お知らせいたします。

                   
1.苦情解決責任者 松下 博美 (あゆみ保育園 園長)
2.苦情受付担当者 南中 智行 (あゆみ保育園 主任)
3.第三者委員   (1) 桐谷とみえ (当法人 監事)
4.苦情解決の方法
(1) 苦情の受付
苦情は面接、電話、書面などにより苦情受付担当者が随時受け付けます。なお、第三者委員に直接苦情を申し出ることもできます。
(2) 苦情受付の報告・確認
苦情受付担当者が受け付けた苦情を苦情解決責任者と第三者委員(苦情申出人が第三者委員への報告を拒否した場合を除く)に報告いたします。第三者委員は内容を確認し、苦情申出人に対して、報告を受けた旨を通知します。
(3) 苦情解決のための話し合い
苦情解決責任者は、苦情申出人と誠意をもって話し合い、解決に努めます。
その際、苦情申出人は、第三者委員の助言や立ち会いを求めることができます。
なお、第三者委員の立ち会いによる話し合いは、次により行います。
ア.第三者委員による苦情内容の確認
イ.第三者委員による解決案の調整、助言
ウ.話し合いの結果や改善事項等の確認
(4)大阪府「運営適正化委員会」の紹介
本事業者で解決できない苦情は、大阪府社会福祉協議会に設置された運営適
正化委員会に申し立てることができます。
電話 06-6191-3130 ファックス 06-6191-5660
電子メール tekisei@osakafusyakyo.or.jp
住所 〒542-0012
大阪市中央区谷町7丁目4番15号 大阪府社会福祉会館2階
大阪府社会福祉協議会 運営適正化委員会

Return to page top