登園許可について

第一種感染症、第二種感染症、第三種感染症に罹患した場合

出席停止となる感染症です。かかりつけの医師に「学校感染症等に係る登校・登園に関する意見書」等を記入してもらってからの登所となります。

感染症名 登園の目安
麻しん(はしか) 熱が下がって 3 日を経過してから
風しん(三日はしか) 発疹が全て消えてから
水痘(水ぼうそう) 全ての発疹がかさぶたになるまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 腫れがでた後 5 日を経過しかつ全身状態がよくなるまで
インフルエンザ 発病後5日かつ解熱後3日経過
咽頭結膜熱(プール熱) 主な症状(発熱、のどの痛み、目の充血)が消失してから 2 日を経過するまで
アデノウイルス感染症 主な症状(発熱、のどの痛み等)が消失してから 2 日を経過するまで
百日咳 特有な咳が消失するまで または 5 日間の適正な抗菌性物質製剤による治療を終了するまで
流行性角結膜炎(はやり目) 医師から感染の恐れがないと認められるまで(結膜炎の症状がなくなってから)
溶連菌感染症 抗菌薬内服後 24~48 時間経過している。ただし、治療の継続は必要
感染性胃腸炎(ウイルス性) 嘔吐・下痢等の症状が治まり、普段の食事ができること
RSウイルス感染症 重篤な呼吸器症状がなくなり、全身状態がよいこと
マイコプラズマ肺炎 発熱や激しい咳が治まっていること

その他の感染症に罹患した場合

かかりつけの医師に集団生活が可能かどうか、相談した上で登所してください。(「学校感染症等に係る登校・登園に関する意見書」は不要です。)

感染症名 登園の目安
伝染性膿痂疹(とびひ) 皮疹が乾燥しているか、ジクジクしているところをガーゼ等でおおえる程度のもの
手足口病 発熱がなく(解熱後 1 日以上経過し)普段の食事ができること
伝染性紅斑(りんご病) 全身状態がよいこと
発疹がでた時にはすでに感染力がなくなっています。
ヘルパンギーナ 発熱がなく(解熱後 1 日以上経過し)普段の食事ができること
アタマジラミ 駆除を開始していること
アタマジラミがみつかったら必ずお知らせください。必ず皮膚科を受診してください。

厚労省:保育所における感染症対策ガイドライン 2012 参照

PDFファイルをダウンロードし、A4用紙に印刷してご利用ください。
学校感染症等に係る登校・登園に関する意見書