保護者からの声

こどもが給食とおやつの時間を楽しみにしています!
毎月の誕生日会の日のおやつはケーキが出るそうで、先生も色々工夫されているのが伝わってきます。
私は毎日給食展示ケースを見るのがひそかな楽しみです!

定期的にクラス懇談会を開いてくれるので、クラス全体の様子や各家庭での様子を知れたり、育児の悩みなど意見交換が出来る機会があるのが嬉しいです。
保育園だとお迎えの時間がバラバラなので、なかなかクラスのお母さん達と顔を合わす時間ってないので、とても貴重な時間です。

子どもが毎日なかなか帰りたがりません…
それくらい楽しいのだなと安心して預けられます。お友達もたくさん出来たようで、毎日色々な話をしてくれます。

和食中心の給食で、家でなかなか出来ない行事食もいただけるので助かっています。
おやつもスナック菓子が出る事はなく、ほとんど手作りだと聞いて、安心しています。
娘は野菜が嫌いで、家ではなかなか食べてくれないのですが、保育園では頑張って食べていると聞いて安心しています。

コマやけん玉、竹馬など、日本の伝統的な遊びをたくさん取り入れているところがいい。
息子はぞう組(5歳児)が取り組む竹馬や和太鼓にあこがれています!
運動会で竹馬を軽々乗りこなすぞう組はかっこいいなぁと思います!

長い距離の散歩やリズムなどの体作りをしてくれるところが助かります。
家では車や自転車で出かけてしまって長距離歩くことがあまりないので、歩く力がついているのは嬉しいです。秋には生駒山登山にチャレンジ(4,5歳児)すると聞いてびっくりです!

指先を使った遊びが生活の色々なところで意識して保育に取り入れられているので、指先が器用になったように思います。
難しい折り紙も得意になったようです。

正直言って、毎月のお弁当日が苦痛でした。
離乳食のお弁当なんてどう作っていいかわからない…先生に相談にのってもらいながら悩みながら作っていました。
それでも、「全部食べたよ~!」と空っぽのお弁当箱を広げて見せてくれるようになったり、一緒にスーパーにお弁当の材料を買いに行ったり、おにぎりを一緒に作れるようになったり、だんだんお弁当作りが楽しくなってきました。

縦割り保育で、異年齢の子ども達が一緒に活動する時間があります。
うちは兄弟がいないので、弟が出来たみたいに嬉しそうにお世話をしているようです。
担任以外の先生も子どもの事を見てくれていて、「今日〇〇ちゃん、お手伝い頑張ってましたよ」など声をかけてもらえるので、嬉しいです。